『みこころを見、聞き、語る者に』詩篇115篇1~18節