『イッサカル族から学ぶこと』Ⅰ歴代誌12章32~33節